クーベルチュールプチ日本橋本町

最新の空室情報

階数 坪数 賃料+共益費 賃料月額 保証金 入居可能日 図面
1階 13.35坪 20,225円/坪 270,000円 6.0ヶ月 相談
クーベルチュールプチ日本橋本町 1階の図面

階数をクリックすると、さらに詳しい賃貸オフィスの募集情報をご覧頂けます。

平日17時までのお問い合わせで、即日
内見申込・賃料確認など、ご依頼に応対致します
経験豊富。賃料交渉もおまかせ下さい。
0120-023-017 受付時間 平日9:00〜20:00※土日もOKです!
日本全国、4,788社以上の移転実績 。
(2019年4月現在)
  • 日本通運株式会社様
  • クックパッド株式会社様
  • コクヨ株式会社様
  • 株式会社産業革新機構様
  • 三菱電機株式会社様
  • キリンシティ株式会社様
賃貸オフィス仲介業の方へ

売上アップ・経費削減に。賃貸事務所データベース。

Office research
Office research

クーベルチュールプチ日本橋本町 概要

所在地 中央区日本橋本町3-9-11
最寄駅

小伝馬町駅 徒歩3分

新日本橋駅 徒歩5分

三越前駅 徒歩6分

神田駅 徒歩8分

人形町駅 徒歩8分

馬喰横山駅 徒歩8分

馬喰町駅 徒歩9分

岩本町駅 徒歩9分

東日本橋駅 徒歩10分

日本橋駅 徒歩12分

フロア面積 13.4 〜 13.4
参考坪資料 2.0 〜 2.0万円
構造 鉄骨
規模 地上3階
エレベーター -
竣工 未調査
延床面積 未調査
設備
  • 空調対応

  • 24時間利用可

  • 駐車場

  • 光ファイバー対応

  • OA対応

  • 一棟貸

  • 耐震

空調 空調には、「個別空調」「セントラル空調」があります。個別空調では、空調設備が各部屋ごとに独立しており、電源のON・OFF、温度調節などを個別に設定することができます。
耐震基準 1981年以降に建築された建物は「新耐震基準」の条件を満たしていることが義務づけられています。それ以前に建築された建物でも自主的に満たしているものや、耐震補強を施しているものもあります。
OA対応 オフィス・オートメーションの略。床が二重構造となっており、空いた空間にネットワーク配線や配管などを収めることができます。フリーアクセスフロアともいいます。

「クーベルチュールプチ日本橋本町」の近隣で、類似した募集条件のビル (テナント募集中)

クーベルチュールプチ日本橋本町 所在地

クーベルチュールプチ日本橋本町の募集状況

階数

面積

参考資料(共益費込)

空室状況

1階 13.35坪 2.0万/坪 募集中
※各フロアの詳しい賃貸情報につきましては、
  募集中リンクよりご確認ください。

時系列情報※この情報は当社が独自に収集したものであり、実際とは異なる場合があります。参考値としてご覧下さい。

平均賃料の推移
loading..
空きフロア数の推移
loading..

エリア情報

中央区 三越前エリア

日本の経済・商業・情報等の中心として歴史を感じさせる街が多く集まる中央区。古き良き伝統を活かしながらの再開発など、新旧の融合が魅力のエリアである。また、オフィスが立ち並ぶイメージと共に、銀座・日本橋などの高級ショッピング街が充実しているのも特徴であり、また今後の日本橋室町周辺の大規模な開発にも注目が集まっている。

筝莇≪吾鴻荀с紊ф冴ユ罘f・紊c鴻罐処┃絖≪с筝莇薈筝莇綺綛恰ヤャ紊莢激絎≪荐障≪ユ茵篁罘≪荐弱娯腓障障c壕ャ鴻薈綮冴cユ罘筝篋帥若筝篋違若∫d腓障ュфс筝莇≪罐違吾号鴻阪≪荐с 筝莇薈延根<綺х級膩箙ャ篁膩閫綽膩с井ユ罘薈g機莊х雁篋ら≪祉鴻箴炊с蕭荐障ゃ激ユ紊吾鴻潟ф祁障≪莖莢吾c鴻腥阪ゃ眼紊上障c鴻莖箴1.7筝2.0筝罸莠蕭c障遵с違吾号鴻c鴻ゃс紊с<с筝莇莖莢吾c鴻肢莢娯筝莇c鴻私「c鴻с

中央区 三越前エリアのオフィス相場概要

中央区のイメージと言えば、やはり「日本橋・銀座」。そのステータス、ブランド力は中央区全域の中でも圧倒的で、空室も少なく賃料相場は常に高い水準となっている。八重洲の大規模な再開発は、東京駅周辺の人気に一層の拍車を掛ける事となっている。このエリアと比較すると「日本橋本町周辺」「茅場町・八丁堀」エリアは、その東京駅周辺エリアの近隣に位置し交通の利便性が高いながら、賃料相場は比較的低い水準で推移しており、割安感があると言える。全体的な特徴としては、古い建物と新しい建物が混在しており、築年数による相場の格差も大きく見られる。

元々古い中小ビルが多いエリアであったが、2005年に日本橋三井タワーのオープンを皮切りに、大規模な再開発によるビルの大型化が進んでおり、丸の内・大手町に次ぐオフィス街としてのブランド化を狙っている。2010年に新生銀行本店が現在の霞ヶ関から同エリアに移転を決めた事でも話題を提供した。再開発の決定に伴う企業の立退移転の影響でオフィス需要が急激に高まっており、特に100坪を超えるビルの空きは殆ど見られず、賃料相場も上昇傾向である。元々交通の便が良く、賃料も割安感の有るエリアであったが、数年後には周辺の大手町・八重洲・日本橋エリアに匹敵する人気エリアになる可能性は充分にある。

Page Top