大博センタービル

最新の空室情報 (2016年7月1日更新)

階数 坪数 賃料+共益費 賃料月額 敷金 入居可能日 図面
5階 69.61坪 15,000円/坪 1,044,150円 9,689,712円
大博センタービル 5階の図面
  • 大博センタービル

    外観

  • 大博センタービル

  • 大博センタービル

  • 大博センタービル

  • 大博センタービル

  • 大博センタービル

  • 大博センタービル

福岡エリアは、全物件仲介手数料 半額
平日17時までのお問い合わせで、即日
内見申込・賃料確認など、ご依頼に応対致します
経験豊富。賃料交渉もおまかせ下さい。
0120-9898-65 受付時間 平日9:00〜18:00
大博センタービル は、仲介料半額の
が仲介・ご紹介を担当致します。
全国3,980社の移転実績。安心しておまかせ下さい
詳しいサービス、特長は、こちら
移転実績
  • 日本通運株式会社様
  • クックパッド株式会社様
  • コクヨ株式会社様
  • 株式会社産業革新機構様
  • 三菱電機株式会社様
  • キリンシティ株式会社様

他、日本全国 3,980社

夏季休業日のご案内

誠に勝手ながら以下の期間を夏季休業とさせて頂きます。
 2016年8月11日(木)〜2016年8月15日(月) その間に頂戴したお問い合わせは、
8月16日(火)のサポート開始後となります。 何卒ご理解ご了承の程重ねてお願いいたします。

大博センタービル 概要

所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-24
最寄駅

祇園駅 徒歩3分

博多駅 徒歩6分

呉服町駅 徒歩12分

中洲川端駅 徒歩13分

渡辺通駅 徒歩18分

天神南駅 徒歩18分

東比恵駅 徒歩18分

西鉄福岡駅 徒歩20分

坪数 30.0 〜 329.9
参考坪資料 1.0 〜 1.7万円
構造 確認中
規模 地上11階 地下1階
エレベーター 3基
竣工 2002年2月
延床面積 4516.82m2
設備
  • 空調

  • OA

  • 駐車場

  • 光回線対応

空調 空調には、「個別空調」「セントラル空調」があります。個別空調では、空調設備が各部屋ごとに独立しており、電源のON・OFF、温度調節などを個別に設定することができます。
耐震基準 1981年以降に建築された建物は「新耐震基準」の条件を満たしていることが義務づけられています。それ以前に建築された建物でも自主的に満たしているものや、耐震補強を施しているものもあります。
OA対応 オフィス・オートメーションの略。床が二重構造となっており、空いた空間にネットワーク配線や配管などを収めることができます。フリーアクセスフロアともいいます。

所在地

ストリートマップ

大博センタービルの募集状況

階数

面積

参考資料(共益費込)

空室状況

- 329.93坪 入居中のため非公開 満室
5階 69.61坪 1.5万/坪 募集中
- 49.47坪 入居中のため非公開 満室
- 69.61坪 入居中のため非公開 満室
- 29.99坪 入居中のため非公開 満室
- 81.21坪 入居中のため非公開 満室
- 116.46坪 入居中のため非公開 満室
- 63.29坪 入居中のため非公開 満室
- 154.7坪 入居中のため非公開 満室
※各フロアの詳しい賃貸情報につきましては、
  募集中リンクよりご確認ください。

エリア情報

博多区 博多駅前・祇園・住吉エリア

福岡県庁が置かれている行政区。博多駅や博多港・福岡空港を抱え、国道3号が区内を縦断しており、交通の中枢となる区でもある。オフィス利用としては福岡市営地下鉄の「東比恵」「博多」「祇園」「中洲川端」「呉服町」を有しており、ビジネス街立地として現在も発展中である。

博多駅の博多口側に位置するエリア。市営地下鉄の「博多駅」「祇園駅」間は地下通路で連絡しており、徒歩で行き来する利用者も多い。 主要道路として「大博通り」「駅前通り」「住吉通り」が扇状に広がっており、それを取り巻くようにオフィスビルが建ち並んでいる。JR線、市営地下鉄、西鉄バスの交通機関を備え、市内間のアクセスは抜群。市内バスの便も多く、市内中心部での小回りが利く。

博多区 博多駅前・祇園・住吉エリアのオフィス相場概要

平成20年度から平成22年度にかけて新築オフィスビルの過剰な供給ラッシュに伴い、そのオフィス賃料にも大きな変動があった。オフィスビルの新規供給に対し、その需要が追い付かず、空室を抱える大型オフィスビルの数も多く、賃料の値下がりが目立つ。平成23年3月の新博多駅の完成に伴い、交通アクセスが更に良くなる事を皮切りに、オフィスビルの需要が高まっていく事を期待されている。

博多駅前地区は、天神地区に比べ賃料相場は比較的安価である。 平成20年度から始まったオフィスビルの新規供給による競争激化とリーマンショックの影響により、ここ数年で賃料はかなり下落した。しかし平成23年3月開業の新博多駅の誕生をきっかけに、その競争激化を制してきたオフィスビル出始めており、一部の大型ビルでは下落していた賃料にも歯止めが掛かりつつある傾向もある。

Page Top